新年賀詞交歓会

新年賀詞交歓会   1月26日(火)銀行倶楽部
216名の同窓が集い
母校の発展と相互研鑽を願い親睦を深めた

丸の内の銀行倶楽部にて大学関係者や学員会の方々をお招きして新年恒例の賀詞交歓会が開催された。寒さがもっとも厳しかった1月26日。来賓40名を含め総勢216名が出席して新年を祝った。

今回の司会進行は、坂間明彦事務局長補佐が務めた。会は、校歌斉唱から始まり、足立直樹会長の挨拶へと続いた。

足立直樹会長

足立直樹会長

「今年は、オリンピックイヤー。2020年の東京大会に向けて若い力が発揮される年であると期待しています。我々実業界においても持続的発展に向けて新たにキックオフする年だと思います。

昨年末で83名が南甲倶楽部へ入会。同窓の絆によって年齢や職業の違いにかかわらずネットワークを築いています。当倶楽部には、多くの行事や各委員会が企画する活動があります。会の目的である親睦・研鑽を深める機会が多く実施されています。本年も活動に積極的に参加いただき、魅力ある社会にするために貢献いただけたらありがたいです」

また、昨年策定された中央大学中長期事業計画「Chuo Vision 2025」については、足立会長はじめ深澤武久中央大学理事長と酒井正三郎総長・学長から報告があった。その内容は、10年後の創立140周年に向けて①複数の新学部創設②文系学部の一部を都心キャンパスへ移転 ③グローバル化の推進などである。

さらに、深澤理事長からは「南甲倶楽部および役員の方々のご協力を得て、クロスカントリーコースが完成しました。来年は優れた成績を残せるよう期待しています」と述べられた。

中央大学の深澤武久理事長

中央大学の深澤武久理事長

酒井総長・学長は「働くこと入門講座は、履修生が700名を超えました。そのため教室を大ホールのクレセントホールに変更するなど中央大学きっての人気講座になっています」との感謝の言葉が述べられた。

中央大学の酒井正三郎総長・学長

中央大学の酒井正三郎総長・学長

続いて、申年生まれの方102名を代表して、本日ご出席の池上公一氏が、足立会長から記念品を贈呈された。

申年生まれの方々

申年生まれの方々

申年を代表して記念品を贈呈された池上公一氏

申年を代表して記念品を贈呈された池上公一氏

 

 

その後、関口隆幹副会長が「嬉しいことが2つあります。中央大学ロースクールで司法試験合格者数が他大学を抑えてトップだったこと。もう1つは関東大学バレーボールで中央大学が連勝したことです」と語って元気よく乾杯の発声を行った。

その後、参加者は和気藹々と歓談したり、名刺交換をしたりと同窓ならではのリラックスした時を過ごしていた。

11.IMG_7193 15.IMG_7132 12.G_7119

宴も終盤に差しかかった頃、早河洋副会長が「18歳人口が減少するなか、大学の広告を打つより、全国の高等学校から優秀なランナーを集めて箱根駅伝でCマークを付けて走ってもらう。それが中央大学のイメージアップにつながります。司法試験で常に上位になる面は申し分ありませんが、武の方にも力を入れていただきたい。来る東京オリンピックに向けて良い人材を確保し、優勝してもらうことを夢見ています」と中締めの挨拶。会場から大きな拍手を浴びた。

中締めの挨拶は早河洋副会長

中締めの挨拶は早河洋副会長

 

最後は、野本晃也氏が会場に朗々と響き渡る木遣りを入れた三本締めの音頭。平成28年の宴は盛会のうちに幕を閉じた。

木遣りを唄う野本晃也氏

木遣りを唄う野本晃也氏

企業交流委員会: 生活産業部会 第22回

企業交流委員会

生活産業部会 第22回 10月22日(木)
「花王東京工場(すみだ事業場)」見学会

花王の東京工場(すみだ事業場)の見学会を実施し、28名の会員の方々に参加いただきました。

見学会の冒頭に髙村義明専務理事にご挨拶をいただき、花王さんより企業概要・研究開発・販売・品質保証・環境への取り組み・社会貢献の取り組みなどの詳細なプレゼンテーションを受け、花王ミュージアム・ヘアケア研究所・化粧品工場の見学をしました。

ミュージアムでは、奈良時代から現代までの生活や洗浄の歴史をビジュアルで理解でき、1887年創業以来の製品や広告を見学し、懐かしさにも浸ることができました。

また、各所にある体験コーナーでは「美」の体験もさせていただきました。この見学会では花王がエクセレントカンパニーたる所以、すなわち、顧客-販売-製造-研究開発の各部門が縦割りではなく、全社一丸となって活動されている点、さらに「自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして」のキャッチフレーズを目の当たりにすることができました。各家庭に必ずある花王製品の品質の高さを再認識し、参加者はたいへん有意義な、満足のいく見学会となりました。

見学会の後は、懇親会会場となる亀戸の老舗割烹「亀戸升本 本店」(明治38年創業)へ。懇親会では清川企業交流委員長の乾杯のご発声後、名物の亀戸大根に舌鼓を打ち、鷲見條司常任理事の箱根駅伝の展望で盛り上がり、盛況のうちに終了いたしました。

今後も生活に直結した企画を開催していきたいと考えております。最後に、ご協力をいただきました皆さまありがとうございました。

(生活産業部会 大手 健次)

生活産業 1生活産業 2

企業交流委員会: 製造部会第23回

製造部会 第23回 11月27日(金)
「清水建設東京木工場」見学会

木場駅から程近く、江戸時代には深川と呼ばれた界隈にある清水建設東京木工場へ見学に行ってきました。

浜っ子であり横浜ベイスターズファンである私にとっての清水建設といえば、横浜スタジアムを建てた会社。関東大震災では避難場所に建てられたスタジアムは、美しくも頼もしい外観を誇る横浜のランドマークとして市民に愛され続けています。

生活に密着した企業である一

方で「シミズ・ドリーム」として

、月面での太陽光発電を提案する日本を代表するゼネコンでもあります。先端技術を追求する企業が守り続ける「伝統技術」、その一端を垣間見られることに心が躍りました。

木工技術の要は手仕事。コンピュータには取り込むことができません。世代を貫いて技術を伝承させなければなりません。職人が伝えるには、受け継ぐ若手が必要です。

東京木工場130年の栄えある歴史を承け伝う若人を育成する手法の秘訣は、やりがいであったり、先輩から後輩への指導であったりしますが、一番の秘訣は、親父(失礼、工場長)の厳しくも溢れる愛情だな、とつくづく感じました。世界に誇る日本のモノづくりの原点が息づく職場でした。

東京木工場では、これまで手がけた木工品や建築物の設計図がすべて残されており、復元や修理の依頼に応えられるように備えていました。もっとも、造ろうにももはや手に入らない材木のほうが多いようですが。

材木の確保という話題では、平成25年に行われた伊勢神宮式年遷宮は記憶に新しいところですが、次の遷宮では桧が手に入らないかもしれないとのことでした。月太陽光発電も環境問題への対応なら、材木の確保も環境問題と切り離せません。これからの企業の在り様についていろいろと考えさせてくれる見学会でした。

見学会報告のはずが、見たことよりも感じたことを書き連ねてしまいました。「見たこと」を少し報告しておきましょう。

私は今回の企画のため、製造部会委員で打ち合わせを兼ねて下見に行きました。そして、当日は私たちの見学に対応するために、さまざまな資材や製作中の物が見て触れられるように、実に自然にあたかも最初からそこに置かれているかのように配置されていました。

客に気付かれないようにもてなすというのは、江戸っ子の粋ってやつかもしれませんね。

見学会後は、門前仲町へ移り、深川飯を堪能しつつの懇親会で盛りあがりました。

最後となりますが、私たちの見学会を快く受け入れてくださった清水建設東京木工場の皆さまに感謝申しあげます。

(製造部会 清田英之)

製造部会 2 製造部会 3 製造部会1

平成27年度「新入会員歓迎式及び懇親の夕べ」

会員増強委員会・会員交流委員会
平成27年度「新入会員歓迎式及び懇親の夕べ」
11月10日(火)東京ガーデンパレス

新入会員とともに充実した懇親のひと時を過ごす

今期4月から9月に入会した新入会員をお招きして恒例の歓迎イベントが盛大に開催された。

新入会員の方々

新入会員の方々

新入会員の方々

新入会員の方々

小雨降る夕暮れ、新入会員56名のうち27名が次々に会場へ現れた。歓迎式は、宿谷勝巳会員増強委員の司会で校歌の唱和から始まった。

続いて、足立直樹会長が新入会員へお祝いの言葉を述べた。その直後、司会者から足立会長の旭日重光章の叙勲が報告されると、一斉に会場から拍手が沸き起こった。そこへ井上玲子事務局長補佐が花束贈呈のサプライズ。「真紅のバラの花束をいただくとは驚きました。これを一つの支えに今後も頑張っていきたい」と顔をほころばせた。

叙勲を祝い真紅のバラの花束を贈呈され嬉しそうな足立会長

叙勲を祝い真紅のバラの花束を贈呈され嬉しそうな足立会長

役員の紹介に続いて新入会員紹介は、今回から各自作成の自己紹介シートの配布により行われた。最後は、岡田孝子会員増強委員長より南甲倶楽部の歴史などの説明があり歓迎式は終了した。

第二部の懇親の夕べは、司会を河野信之会員交流副委員長にバトンタッチ。升本喜一担当専務理事が「各委員会が嗜好を凝らした企画に進んで参加し、仲間を増やしてください」と挨拶をして、乾杯の発声を行った。

そして懇親会へと進めた。新入会員の一人は、校歌を歌い感極まったと述べていた。酔いもすっかり回った頃、川島正博会員交流委員長と遠藤一義ビジネス交流委員長、鷲見條司企業交流副委員長による各委員会の紹介、さらに同好会委員会については司会の河野氏より説明があった。

懇親会では新旧会員が和気藹々と

懇親会では新旧会員が和気藹々と

懇親会では新旧会員が和気藹々と

懇親会では新旧会員が和気藹々と

懇親会では新旧会員が和気藹々と

懇親会では新旧会員が和気藹々と

中締めは川手正一郎統括専務理事。「南甲倶楽部では先輩後輩が同じ目線で付き合えます。親睦会に参加してこそ意義があります。会長を先頭に我々を導いていただき、南甲および母校を強くしていただきたい」。こう述べて三本締めで懇親の夕べを閉幕した。

三本締めで楽しいひと時は幕

三本締めで楽しいひと時は幕

会員交流委員会: 秋の懇親旅行会 金沢へ

会員交流委員会

秋の懇親旅行会  金沢へ
3コースに分かれ金沢の街を満喫
北國新聞に掲載された石川支部との集い
11月13日(金)・14日(土)

開通まもない北陸新幹線で、加賀百万石の伝統に育まれた金沢を訪れました。参加者32名、あいにくの秋雨の中、「はくたか561号」で一路金沢へ。夕食懇親会は、石川支部(支部長・林隆信氏 昭49年卒)がご用意してくださった山麓海鮮「松魚亭」で、笛の奏者・東舎真衣子さんが奏でる「鶴」「安宅」の2曲を聴かせていただき、心温まる歓迎を受けました。

松魚亭にて石川支部の方々と懇親

松魚亭にて石川支部の方々と懇親

次に校歌を熱唱し、記念写真を撮り、とても豪華な加賀料理に舌鼓を打ち、石川支部の皆さんの盛大な歓迎に南甲倶楽部会員は皆、大満足の様子でした。

また、翌日の地元北國新聞に「中央大卒業生が交流 石川支部、東京の団体」と紹介され、代表して栂野専務理事が挨拶している写真が掲載されました。

石川支部からは支部長をはじめ、謡で歓迎してくださった顧問の米澤龍信氏、副支部長、幹事長等8人が参列してくださいました。

石川支部では、林支部長をはじめ現在3名の方が南甲倶楽部に入会していただいています。

14日は、金沢城公園を中心に歴史や文化、伝統工芸を感じながら、街歩きを楽しみました。

私たちはまず、雪の風景を連想させる「雪吊り」の兼六園を、ガイドさんの説明に耳を傾けながら、華やかに映る歴史にゆっくりと触れることができました。

兼六園にて

兼六園にて

次に、①格子が重なり風情のある、国の重要伝統的建物群保存地区「ひがし茶屋街」コース ②3月中頃まで行われるズワイガニ漁の季節で活気に満ちる「近江町市場」コース ③「自由」コースの3コースに分かれて見学しました。

全員で兼六園を満喫後、「近江町市場」コース組(8名)は、雨の中徒歩で「金沢21世紀美術館」に行きました。ここは全国美術館ランキングで1位に輝く多くのファンがいる所。その後、空腹を満たすため、近江町市場を目指し、金沢城の中を10分ほどで突っ切り到着。美味しそうな魚介類を眺めながら昼食のとれるお店を探したのですが、ちょうどお昼時と重なり、市場の中はどこのお店も順番待ちの長蛇の列。結局市場での食事を諦め、市場を出たところで海鮮居酒屋を発見。新鮮な魚介類満載のメニューを手に、さざえ、ほたて、蛤、えび、香箱蟹をたらふく食べ、美味しい日本酒をいただきました。近江町市場コースで美味しい料理を堪能でき、本当に大満足でした。

まさに旬のズワイガニ。近江町市場

まさに旬のズワイガニ。近江町市場

「ひがし茶屋街」コース組(17名)は、ここも林支部長ご推薦の「次平」で天麩羅定食をいただきました。お酒もお料理も心豊かになるものが多く、さらに九谷焼の器が満足感をプラスしてくれました。昼食後、ひがし茶屋街のキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残る風情を味わいながら散歩をしました。その他にも現代的なカフェがあったり、土産物屋も豊富で時間が足りないくらいでした。気持ちが忙しくならない行程が、帰りの新幹線の中でも楽しい気分にさせてくれ、有意義な懇親旅行会になりました。

小雨にけぶるひがし茶屋街も趣きあり

小雨にけぶるひがし茶屋街も趣きあり

 

(会員交流委員河野信之/寺内雄貴)