月別アーカイブ: 2011年5月

平成22年度 南甲倶楽部定時総会

平成23年5月26日(木) グランドプリンスホテル高輪

平成22年度定時総会がグランドプリンスホテル高輪にて17時から開催された。審議の冒頭、今期亡くなられた6名の方々に黙祷を捧げた。続いて足立直樹会長から東日本大震災に被災された当会員へのお見舞いの言葉が述べられた。

議長は足立直樹会長が務め、平成22年度事業報告および会計報告、監査報告を承認し、続いて23年度事業計画および予算案を、満場一致で承認して定時総会を終了した。

総会後、会場を変えて懇親会が開催された。校歌を斉唱した後、足立会長の挨拶、学校法人中央大学の久野修慈理事長・学員会長、永井和之学長・総長の挨拶と続いた。

乾杯の発声は鈴木敏文名誉会長が行い、その後懇親・親睦の輪が広がっていった。震災以降とかく気持ちが後ろ向きになっていたが、前向きな南甲倶楽部や白門の仲間が集まり元気づけられた。有意義な総会および懇親会であった。

平成21年度同期会 第1回「落語と懇親の夕べ」

南甲倶楽部は大組織であるため、新規に入会しても馴染むには時間がかかるとのお声もあり、まずは同期から懇親を深めようという考えで企画したのが、5月10日に開催いたしました今回の第1回同期会「落語と懇親の夕べ」です。

当日は、平成14年文学部卒、新進気鋭の落語家、春風亭朝也さんの噺(二席)で大盛り上がり、その後、自己紹介とフリートーク、さらに浅草むぎとろの「とろろ懐石料理」を味わい、年代はさまざまですが、和やかな会となりました。

 

第11回金融セミナー「クライシスマネジメントの要諦」

2011年5月、中央大学商学部の平澤敦准教授をお招きし、金融分科会が開催されました。

テーマは「クライシスマネジメントの要諦」で、震災後の初のセミナーのテーマとして、まさに時宜をえた内容となりました。長尾武次担当専務理事をはじめ、15名の会員が参加しました。

内容は危機概念の理論的考察を中心に、①問題の所在 ②クライシスの概念 ③危機管理とは ④クライシスコミュニケーション ⑤今後の課題――という流れでした。

にげつ会・東日本大震災義援金チャリティオークション

2011年5月・6月
さて、未曾有の大地震が突如発生し、東北の方々、またいろいろな形で被害に会われた皆様へ、心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。 

会員交流委員会では、3月、4月の「にげつ会」は中止をしましたが、被災された方々が元気を取り戻せるようにと、5月9日は開催、40数名のご出席をいただきました。

さらに6月13日は、世界の「岡本綾子プロ」を招いてトークショー(「にげつ会」併催)を開催しました。終了後の懇親会では、岡本綾子プロのサイン入り・キャップ・グローブ・ゴルフボールなどの品物を「大震災チャリティ オークション」にかけ、会員の皆様の多大なご協力をいただきました。