カテゴリー別アーカイブ: ビジネススクール南甲倶楽部賞授与式

戦略経営研究科(ビジネススクール)学位授与式

2015年度9月期
戦略経営研究科(ビジネススクール)学位授与式
鈴木敏文賞&南甲倶楽部賞を授与


9月19日(土)入学式14時30分 修了式16時30分
後楽園キャンパス3号館
専門職大学院2015年度9月期の入学式、同日、修了式および学位授与式と表彰式も行われた。

専門職大学院の入学式および修了式は、国際会計研究科と戦略経営研究科(ビジネススクール、以下CBS)により合同で行われた。

南甲倶楽部が設立に尽力した戦略経営研究科の入学生は17名。そのうち16名が社会人で出身大学は15大学にも及んだ。入学式での新入生の表情は、緊張のなかにも「やるぞ」という強い意志が感じられた。

続いて修了式が行われ、学位授与式は各研究科に分かれて実施された。CBSの修了生は25名。山本秀男研究科長から一人ひとりに学位記が授与された。皆、自信にあふれて背筋までもスッと伸びていた。

成績優秀者に授与する鈴木敏文賞は、山本研究科長から杉山賢治さんに、南甲倶楽部賞は川手正一郎統括専務理事から飯島勝利さんに授与された。受賞者2名には、クリスタル製の表彰盾と副賞の懐中時計が贈られた。

次に研究論文賞3名、課題論文賞3名の名前と論文タイトルが紹介された。

続いて山本研究科長のご挨拶。「エジソンは1万回の失敗をしたが、次の実験にトライして電球を発明しました。私が企業勤務していた時のことですが、失敗をしてお客さんにひどく怒られました。しかし、上司が『トラブルはビジネスのチャンスだ』と一緒に陳謝。結果、次のビジネスにつながりました。状況が悪い時には、普段見えない部分が見えるのです。

皆さま、何事もポジティブ思考で2年間身につけた知識を発揮して行動してください」

来賓を代表して川手統括専務理事が祝辞を述べた。

「CBS修了生は南甲倶楽部の入会資格があります。すでに40名の方々が入会。皆さまも我々の仲間になっていただきたい。

先日、日経新聞に稲盛和夫さんは『持てる力をすべて出せば神が現れる』と書いていました。全力投球すれば必ず人生が拓けます。しっかり2本の足で大地を踏みしめ前進してください。元気・やる気・本気でがんばっていただきたい」

授与式の終了後、新しくMBAとなった修了生たちは、角帽を高らかに投げ上げ、生涯において忘れえぬ感動の時を刻んでいた。

 

学位記を胸に笑顔の修了生

学位記を胸に笑顔の修了生

これをやりたかった!

修了式に参列した南甲倶楽部会員

修了式に参列した南甲倶楽部会員

 

中央大学大学院 戦略経営研究科 学位授与式・表彰式

平成24年3月24日(土) 後楽園キャンパス3号館

2011年度3月期の修了式が17時から後楽園キャンパス5号館で行われた。その後、会場を3号館に変えて、戦略経営研究科の学位授与式と鈴木敏文賞および南甲倶楽部の表彰式が実施された。
経営戦略課研究科の学位授与式は、山本秀男研究科長より修了生(63名のうち59名出席)一人ひとりに授与された。

成績優秀者に贈られる鈴木敏文賞は、引き続き山本研究科長より村松利哉さんに授与。また、南甲倶楽部賞は川手正一郎統括専務理事により白山恵太郎さん、笠間亜紀子さん、山中理恵さんに授与された。

受賞されたみなさん

続きを読む

ビジネススクール南甲倶楽部賞授与式

東日本大震災の被災にあわれた方々を悼み、第3回となるビジネススクールの終了式、懇親会は行わず学位授与式のみ開催した。

終了式には第2期生63名が参加し、後楽園キャンパスにて行われた。

鈴木敏文賞

 日下部聡恵

南甲倶楽部賞 

 渡邉武司

 坊田 淳 

 木村 剛

           敬称略

ビジネススクール南甲倶楽部賞授与式

2010年度9月期の中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)の入学式と修了式が、市ヶ谷田町キャンパスにて開催された。

終了式には修了生15名がお揃いの角帽とガウン姿で参列し、修了生を代表して中村政美さんに永井和之総長・学長より学位記が授与された。

引き続いて成績優秀者の表彰が行われた。

鈴木敏文賞
受賞者  中村 政美さん
プレゼンター
戦略経営研究科 高橋 宏幸 科長
南甲倶楽部賞
受賞者  小林 明彦さん
プレゼンター
川手 正一郎 統括専務理事
ビジネススクール賞
受賞者  王 成云さん
プレゼンター
戦略経営研究科 高橋 宏幸 科長


表彰後、戦略経営研究科 高橋宏幸科長の挨拶があり、中央大学久野修慈理事長が祝辞を述べられた。

式典後、修了生はロビーに移動し、一斉に帽子を天井高く放り投げ終了を喜び合った。修了生の皆さんには、二年間で学んだことや、切磋琢磨した同級生との絆、教授の方々との絆を生かし、今後、企業・社会で活躍されることを願うとともに、CBS倶楽部と南甲倶楽部で一緒に活動できることを期待している。