カテゴリー別アーカイブ: 南甲倶楽部賞授与式

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式 3月25日(金)多摩校舎1号館1408教室 中央大学南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、 中央大学学長・学部長、南甲倶楽部会員の出席のもとで行われた。 3月25日、多摩キャンパスの桜のつぼみはまだ固く冷たい風も吹いていたが、雲ひとつなく澄みわたった青空。この日、30回目を迎える南甲倶楽部賞授与式が行われた。

前列から川手正一郎統括専務理事(中央)、深澤武久理事長(右)、酒井正三郎総長・学長(左)と受賞者。後列右から中島康予法学部長、篠原正博経済学部長、木立真直商学部長、石井靖理工学部長、都筑学文学部長、松野良一総合政策学部長

ご家族を伴い少々緊張した面持ちの受賞者たちが揃った9時30分、栂野紘次専務理事の進行により式は開幕した。はじめに川手正一郎統括専務理事が、6名の受賞者に賞状と表彰品(印鑑三点セット)を授与し、挨拶をした。「皆さんに贈る3つの言葉があります。箱根峠の歌碑に『あれを見よ深山の桜咲にけり真心尽くせ人知れずとも』。広い視野で深い心、そして一生をコツコツと磨きなさいということ。2つ目は論語の一節『徳は孤ならず 必ず隣有り』。徳とは正しいことを継続していると必ず良き協力者が現れる。3つ目は坂村真民の『念ずれば花ひらく』。努力して己を磨けが報われるということです。 皆さん人生は一度きり。しかも片道切符です。大きな目標を持ちそれに向かって必死に走る。歩みはウサギでも亀でもいい。それが未来を切り拓くことです。自信を持って自分を磨いてください」

挨拶をする川手統括専務理事

深澤武久中央大学理事長の祝辞は「幅広い分野で活躍して社会に貢献している先輩方が大勢います。彼らは後輩とわかると心を許して便宜を図ってくれます。皆さん、遠慮しないで先輩の懐に飛び込んで交流を深め、成長の糧にしていただきたい。中大卒であることの誇りを胸に今後も研鑽を重ね、大いに活躍していただきたい」と述べた。

3.IMG_0138

祝辞を述べる深澤武久理事長

酒井正三郎中央大学総長・学長は「南甲倶楽部賞を受賞したその日から賞に恥じない生き方、一層高い夢を追う責任があります。今日が新たな出発点。皆さん自身がそれぞれの分野で一回りも二回りも成長されることが本賞開設の趣旨であり、期待に報いることであろうと思います。南甲倶楽部の方々に御礼を申し上げると同時に今後も中央大学との強く熱い連携をお願いいたします」と結んだ。

祝辞を述べる酒井正三郎総長・学長

これらの言葉を受け、受賞者を代表して総合政策学部の中西祥子さんが感謝の言葉と「この4年間、出会った多くの方々のおかげで、立ちはだかる壁を何度も乗り越えてきました。大学時代に学んだことを生かして何事も全力で取り組んでまいります」と述べ、授与式は閉会した。 8.IMG_0156 その後、式に参加した全員が卒業式の会場である第一体育館アリーナへと向かった。 南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励を目的に設けられた賞。毎年、卒業する学生のなかから在学中、学力・人物ともに優れ、学術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から1名を表彰。受賞者の選考は、各学部長主催の教授会で討議され、学長より当倶楽部会長に推薦され審議の上決定される。 第30回南甲倶楽部賞受賞者(敬称略) 法学部法律学科 高橋 毬子 経済学部公共・環境経済学科 遠藤 若菜 商学部会計学科 妹尾 直季 理工学部都市環境学科 諸岡 雅樹 文学部人文社会学科 高橋 琴乃 総合政策学部政策科学科 中西 祥子

6.IMG_0121

6名の受賞者

 

第26回 中央大学南甲倶楽部賞授与式

平成24年3月25日(日) 多摩校舎1号館1408教室

卒業式を迎える前、中央大学南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、中央大学学長・学部長の出席ももとで行われた。

第26回南甲倶楽部賞受賞者は、以下の6名でした。

 

法学部 法律学科 清田 萌生
経済学部 経済学科 矢吹 優
商学部 経営学科 藤元 絵美里
理工学部 応用化学科 齋藤 宏
文学部 人文社会学科教育学専攻 後藤 絵理奈
総合政策学部 国際政策文化学科 田中 佑季

(敬称略)

 

ご家族、各学部長、南甲倶楽部会員の列席する中で足立直樹会長から賞状とお祝い品(印鑑三点セット)を授与され、はなむけの言葉を贈られた。

続いて、久野修慈理事長、永井和幸之総長・学長からお祝いの言葉が述べられ受賞者を代表して経済学部の矢吹優さんが受賞の喜びと感謝の言葉を力強く述べられた。

南甲賞授与式

南甲賞授与式

※南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励を目的に設けられた賞です。

南甲倶楽部賞受賞式

南甲倶楽部賞は母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励と目的に設けられた賞です。毎年、卒業する学生の中から在学中、学力・人物とも優れ、学術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から1名表彰します。

本年は東日本大震災における現状を鑑み、卒業式当日に行われる南甲倶楽部受賞式は行われませんでした。受賞した6名は以下の方々です。

第25回南甲倶楽部賞受賞者

法学部国際企業関係法学科 有岡 未央

経済学部経済学科 松田孝士

商学部会計学科 翠 雅俊

理工学部経営システム工学科 澤田枝実子

文学部人文社会学科 頴原邦子

総合政策学部国際政策文化学科 鏑木あゆみ

            敬称略

第24回南甲倶楽部賞授与式

平成22年3月25日
 
第24回南甲倶楽部賞の授与式が、キャンパスの桜のつぼみが膨らみ始めた生憎の冷たい雨模様の日に、中央大学多摩キャンパスにて2009年度卒業式に先立ち、午前9時30分より行なわれた。

2009年度の受賞者は以下の6名の方々です。

法学部 法律学科  上杉 孟
経済学部 経済学科 大友 美香
商学部 経営学科 新開 庸平
理工学部 応用化学科 今榮 麗仁
文学部 人文社会学科教育学専攻 池田 唯菜
総合政策学部 国際政策文化学科 竹内 詩緒里

                                                                               (敬称略)

授賞式には、南甲倶楽部より足立直樹会長ほか役員の方々、大学からは久野修慈理事長・学員会会長、永井和之総長・学長はじめ、鈴木基弘法学部長、関野満夫経済学部長、石川鉄郎商学部長、石井洋一理工学部長、河西良治文学部長、河野光雄総合政策学部長が、その他受賞者のご両親など付き添いの方々も出席された。

足立直樹会長が、受賞者一人ひとりに表彰状と記念品を授与,はなむけの言葉を述べた。続いて、久野修慈理事長・学員会会長と永井和之総長・学長からお祝いの言葉が送られ、最後に受賞者を代表して、法学部の上杉孟さんが受賞の喜びと感謝の言葉を力強く述べられた。





授賞式終了後受賞者を囲んで記念撮影が行われた。

南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的社会参加、学問の奨励を目的として、倶楽部創立時より創設し授与されてきました。その後学園紛争などで一時中断された時期もありましたが、母校中央大学創立百周年を記念して復活し、本年をもって第24回目の授賞式となりました。

本賞は、毎年卒業する学生を対象に、在学中、学力、人物ともに優れ、芸術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から一名表彰。受賞者の選考は、各学部教授会で討議され、各学部長より当倶楽部に推薦され審議のうえ決定されます。

第23回南甲倶楽部賞授与式

平成21年3月25日

第23回南甲倶楽部賞の授与式が、キャンパスの桜のつぼみが膨らみ始めた生憎の雨模様の日に、中央大学多摩キャンパスにて2008年度卒業式に先立ち、午前9時30分より行なわれた。

2008年度の受賞者は以下の6名の方々です。

法学部 法律学科  岡田 淳
経済学部 経済学科 濱谷 拓
商学部 経営学科 新免 未理
理工学部 電気電子情報通信工学科 小室 将太
文学部 文学科 山中 奈緒美
総合政策学部 政策科学科 小関 陽子

                                                                                                       (敬称略)
授賞式には、南甲倶楽部より足立直樹会長ほか役員の方々、大学からは永井和之総長・学長はじめ、井上彰法学部長、松丸和夫経済学部長、石川鉄郎商学部長、田口東理工学部長、宇野茂彦文学部長、横山彰総合政策学部長が、その他受賞者のご両親など付き添いの方々も出席された。

足立直樹会長が、受賞者一人ひとりに表彰状と記念品を授与,はなむけの言葉を述べた。続いて、永井和之総長・学長からお祝いの言葉が送られ、最後に受賞者を代表して、総合政策学部の小関陽子さんが受賞の喜びと感謝の言葉を力強く述べられた。





授賞式終了後受賞者を囲んで記念撮影が行われた。

南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的社会参加、学問の奨励を目的として、倶楽部創立時より創設し授与されてきました。その後学園紛争などで一時中断された時期もありましたが、母校中央大学創立百周年を記念して復活し、本年をもって第23回目の授賞式となりました。

本賞は、毎年卒業する学生を対象に、在学中、学力、人物ともに優れ、芸術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から一名表彰。受賞者の選考は、各学部教授会で討議され、各学部長より当倶楽部に推薦され審議のうえ決定される。