カテゴリー別アーカイブ: 南甲倶楽部賞授与式

第32回中央大学南甲倶楽部賞授与式

2018年3月25日(日)多摩校舎1号館1408教室
南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、中央大学理事長・学長・学部長、
南甲倶楽部会員の出席のもとで行われました。

・前列から川手正一郎副会長(中央)、大村雅彦理事長(右)、酒井正三郎総長・学長(左)と受賞者。後列右から星野智法学部長、篠原正博経済学部長、渡辺岳夫商学部長、樫山和男理工学部長、宇佐美毅文学部長、堤和通総合政策学部長

晴天に恵まれた多摩キャンパス。授与式は、9時30分から始まりました。川手正一郎副会長が6名の受賞者に賞状および記念品(印鑑3点セット)を授与。受賞者には「人生は出会い。出会いにより己を知り、己を磨くことです。人は幾つになっても出会いがあります。そして、その出会いに感謝することだと思います。これから、自信を持って自分の未来を切り拓いていただきたい」と励ましの言葉を贈りました。
大村雅彦理事長は「大学で学んだことを生かし、さらに視野を広げて高い目標に向かって進んでいただきたい。また、幅広い分野で活躍している先輩方が大勢いるので諸先輩の懐に飛び込んで交流を深めていただきたい」と祝辞を述べました。
酒井正三郎総長・学長は「南甲倶楽部賞を受賞した日からその名に恥じない生き方、高い夢を目指して努力する責任を負うことになります。それぞれの分野で大きく成長されることが本賞開設の趣旨。今後も一層頑張っていただきたい」とお祝いの言葉を述べました。
最後に、受賞者を代表して経済学部の植田夏実さんが「国際交流サークルでの活動や、学部長賞の奨学金でワシントンD.C.にてインターンシップに参加したことなど、将来において海外で働きたいという原点になりました。社会人になっても南甲倶楽部賞の受賞者、中央大学の名に恥じないよう、今度は自分が誰かの支えになりたいと思います」と感謝の気持ちを表しました。式典終了後、参加者の皆様は卒業式の会場へと向かいました。

感謝の言葉を述べる植田夏実さん

感謝の言葉を述べる植田夏実さん

第32回南甲倶楽部賞受賞者(敬称略)写真右から
法学部政治学科  村杉 早紀
経済学部国際経済学科  植田 夏実
商学部会計学科 フレックス・コース  梅原 雄太    
理工学部 電気電子情報通信工学科 水品 圭汰  
文学部人文社会学科 国文学専攻 永原 響
総合政策学部 国際政策文化学科  野田 琴実 

受賞者の声
私たちが大学で学んだこと、今後の希望

区役所で、まちづくりの仕組みづくりに貢献したい
法学部政治学科 村杉 早紀

学生時代は、実行に移し、直接見て聞き、そこから考えていくことの大切さを学びました。3年のゼミ活動において、石巻市の仮設住宅集約化に向けたアンケート調査の分析・提言を行った際、調査結果の紙に書かれた文書を見て理解するだけでなく、実際に石巻市に赴き現場の様子、住民の表情、声を見聞きしました。そうすることで紙には表されていなかった住民の心の底からの声を知ること、また疑問点の解消に繋げることができ、より効果的な提言を生み出すことができました。FLPの地域・公共マネジメントにおける活動では、パルテノン多摩が企画・運営するフェスティバルに参画し、市民の毎年楽しみにしているという声、この点をわかりやすくしてほしいという声を聞き、また子どもたちの笑顔を見ることで、多くの気づきや喜びを学び得ました。
この4月からは区役所の職員として、区民自らが積極的にまちづくりを行っていける仕組みづくりに貢献していけるよう努めていきます。

日々精進し世界を舞台に活躍したい
経済学部国際経済学科 植田 夏実

私は自身の成長のため、大学生時代にさまざまなことに挑戦してきました。1年次から国際交流サークルに入り、そこで英会話を学ぶ他、外国人との交流を通し異なった文化に触れることで視野を広げることができました。
2年次後期からはゼミナールで途上国のビジネスについて学びました。ゼミ生とともに1つの研究を行うことは、意見の衝突などもあり、たいへんでしたが、やり遂げた時はチームだからこその達成感を味わいました。
また、学部長賞奨学金をいただき、その使途としてワシントンD.C.で3週間のインターンシップへ参加しました。世界銀行、大使館、日米協会など世界でトップクラスの国際機関に訪問し、討論やプレゼンテーションを行ったことは非常に貴重な体験になり、将来、海外で働きたいという思いの原点になりました。
卒業後は、商社業界で働くことが決まっております。今までの経験を活かし、世界を舞台に活躍できるようこれからも日々精進して行きたいと思います。

公認会計士として幅広い活躍を
商学部会計学科
フレックス・コース 梅原 雄太

私は公認会計士になることを目標に、中央大学に入学し、勉強に励んできました。勉強している際は、多くの先生や先輩に支えられ、また、受験仲間と競い合うことで、勉強に取り組むことができました。その成果もあり、2年次には公認会計士試験に合格することができました。
その後は、自らの視野を広げようと思い、大学の短期留学制度を利用するなどして、何度か短期留学しました。留学したことによって、語学力の向上はもちろん、現地の海外の方と話せたことや海外の文化に直接触れた経験は、自分の将来において非常に大きな財産になると感じました。その他にも、公認会計士試験以外の資格試験にもチャレンジするなど、充実した学生生活を送ることができました。卒業後は、公認会計士として監査法人に勤務することになります。会計の専門家としての名に恥じぬよう、これまで学んだことを発揮しつつ、これからも自己研鑽に励んで参ります。

フラッシュメモリを研究 国際学会に論文を執筆
理工学部
電気電子情報通信工学科 水品 圭汰

在学中、もっとも多くの経験と学びの機会を得られたのは、研究室に配属されてからの1年間でした。4年次に電気電子情報通信工学科竹内研究室に配属されてからは、フラッシュメモリの研究に取り組んできました。研究を進めていく上で、壁にぶつかった時には先生や大学院の先輩にさまざまなアドバイスをいただき、第一著者として執筆・投稿した論文はIEEE主催ISCASに口頭発表として採択され、イタリアで発表できることになりました。論文を執筆する際には自分自身の未熟さ、追い込まれた時の弱さと向き合うことで、成長できたと考えています。
4月からは中央大学大学院理工学研究科に進学します。今後は電子デバイス分野で最高峰の国際学会に向けて論文を執筆したいと考えています。また、社会に出るまでに一人前の研究者となれるよう日々精進していく所存です。栄誉ある南甲倶楽部賞の受賞者であることの誇りを胸に日々着実に前に進んでいきたいと思います。

学んだのは「積み重ね」が重要であること
文学部人文社会学科国文学専攻 永原 響

私が学生時代に学んだことは、「積み重ね」がいかに重要かということです。私が4年次の後期にゼミナールにてご教授を賜った小野泰央先生は「小さな発見、小さなプラスアルファの積み重ねで文学史が成り立っていく」ということを常に仰っていました。これは文学史に限った話ではなく、小さな課題から人の一生、人類の文明など、その大小を問わず広く共通した1つの真理だと思います。
それを自身の人生に当てはめて考えると、自身の経験の積み重ねと、自分が社会に残す影響の積み重ねの2つがあります。その一つひとつは恐らく微細で、形も名前もありはしないのでしょうが、そういったものたちが自分を形成し、歴史を形成するのだと思います。
卒業後は、OA機器を中心とした営業職に就職します。業務内容はありきたりかもしれませんが、仕事におけるプロセスを大切にしている様子から就職を決めました。学生時代に学んだ思考を生かし、日々研鑽を積んでいく所存です。

常に考え行動し日本の発展に関わっていきたい
総合政策学部国際政策文化学科 野田 琴実

学生時代に学んだことは、行動することの大切さです。大学入学前後、頻繁に報道されていたイスラーム教に関心を持ち、第2外国語でアラビア語を選択しました。学習のなかで、実際にイスラーム教の方々と関わり、政治的な面以外にも触れることで、テロや過激思想などの偏見がなくなっていきました。
ゼミでは、文献で過去に行われた調査に疑問を持ち、自分でも同様の聞き取り調査を行ったところ、現在では異なる結果が得られたという発見がありました。自ら行動することで、自分のなかに変化や発見が得られると感じ、行動することの重要性を感じました。
卒業後は、インバウンド業界に進みます。どの国の人々が、日本のどの点に関心を持っているかを的確に把握し、個別に働きかけることが、今後、日本が観光立国として、さらに発展するために重要だと思います。
日本の魅力を海外に伝えるために自分にできることは何か、常に考え行動し、日本の発展に関わっていきたいです。

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式 3月25日(金)多摩校舎1号館1408教室 中央大学南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、 中央大学学長・学部長、南甲倶楽部会員の出席のもとで行われた。 3月25日、多摩キャンパスの桜のつぼみはまだ固く冷たい風も吹いていたが、雲ひとつなく澄みわたった青空。この日、30回目を迎える南甲倶楽部賞授与式が行われた。

前列から川手正一郎統括専務理事(中央)、深澤武久理事長(右)、酒井正三郎総長・学長(左)と受賞者。後列右から中島康予法学部長、篠原正博経済学部長、木立真直商学部長、石井靖理工学部長、都筑学文学部長、松野良一総合政策学部長

ご家族を伴い少々緊張した面持ちの受賞者たちが揃った9時30分、栂野紘次専務理事の進行により式は開幕した。はじめに川手正一郎統括専務理事が、6名の受賞者に賞状と表彰品(印鑑三点セット)を授与し、挨拶をした。「皆さんに贈る3つの言葉があります。箱根峠の歌碑に『あれを見よ深山の桜咲にけり真心尽くせ人知れずとも』。広い視野で深い心、そして一生をコツコツと磨きなさいということ。2つ目は論語の一節『徳は孤ならず 必ず隣有り』。徳とは正しいことを継続していると必ず良き協力者が現れる。3つ目は坂村真民の『念ずれば花ひらく』。努力して己を磨けが報われるということです。 皆さん人生は一度きり。しかも片道切符です。大きな目標を持ちそれに向かって必死に走る。歩みはウサギでも亀でもいい。それが未来を切り拓くことです。自信を持って自分を磨いてください」

挨拶をする川手統括専務理事

深澤武久中央大学理事長の祝辞は「幅広い分野で活躍して社会に貢献している先輩方が大勢います。彼らは後輩とわかると心を許して便宜を図ってくれます。皆さん、遠慮しないで先輩の懐に飛び込んで交流を深め、成長の糧にしていただきたい。中大卒であることの誇りを胸に今後も研鑽を重ね、大いに活躍していただきたい」と述べた。

3.IMG_0138

祝辞を述べる深澤武久理事長

酒井正三郎中央大学総長・学長は「南甲倶楽部賞を受賞したその日から賞に恥じない生き方、一層高い夢を追う責任があります。今日が新たな出発点。皆さん自身がそれぞれの分野で一回りも二回りも成長されることが本賞開設の趣旨であり、期待に報いることであろうと思います。南甲倶楽部の方々に御礼を申し上げると同時に今後も中央大学との強く熱い連携をお願いいたします」と結んだ。

祝辞を述べる酒井正三郎総長・学長

これらの言葉を受け、受賞者を代表して総合政策学部の中西祥子さんが感謝の言葉と「この4年間、出会った多くの方々のおかげで、立ちはだかる壁を何度も乗り越えてきました。大学時代に学んだことを生かして何事も全力で取り組んでまいります」と述べ、授与式は閉会した。 8.IMG_0156 その後、式に参加した全員が卒業式の会場である第一体育館アリーナへと向かった。 南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励を目的に設けられた賞。毎年、卒業する学生のなかから在学中、学力・人物ともに優れ、学術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から1名を表彰。受賞者の選考は、各学部長主催の教授会で討議され、学長より当倶楽部会長に推薦され審議の上決定される。 第30回南甲倶楽部賞受賞者(敬称略) 法学部法律学科 高橋 毬子 経済学部公共・環境経済学科 遠藤 若菜 商学部会計学科 妹尾 直季 理工学部都市環境学科 諸岡 雅樹 文学部人文社会学科 高橋 琴乃 総合政策学部政策科学科 中西 祥子

6.IMG_0121

6名の受賞者

 

第26回 中央大学南甲倶楽部賞授与式

平成24年3月25日(日) 多摩校舎1号館1408教室

卒業式を迎える前、中央大学南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、中央大学学長・学部長の出席ももとで行われた。

第26回南甲倶楽部賞受賞者は、以下の6名でした。

 

法学部 法律学科 清田 萌生
経済学部 経済学科 矢吹 優
商学部 経営学科 藤元 絵美里
理工学部 応用化学科 齋藤 宏
文学部 人文社会学科教育学専攻 後藤 絵理奈
総合政策学部 国際政策文化学科 田中 佑季

(敬称略)

 

ご家族、各学部長、南甲倶楽部会員の列席する中で足立直樹会長から賞状とお祝い品(印鑑三点セット)を授与され、はなむけの言葉を贈られた。

続いて、久野修慈理事長、永井和幸之総長・学長からお祝いの言葉が述べられ受賞者を代表して経済学部の矢吹優さんが受賞の喜びと感謝の言葉を力強く述べられた。

南甲賞授与式

南甲賞授与式

※南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励を目的に設けられた賞です。

南甲倶楽部賞受賞式

南甲倶楽部賞は母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励と目的に設けられた賞です。毎年、卒業する学生の中から在学中、学力・人物とも優れ、学術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から1名表彰します。

本年は東日本大震災における現状を鑑み、卒業式当日に行われる南甲倶楽部受賞式は行われませんでした。受賞した6名は以下の方々です。

第25回南甲倶楽部賞受賞者

法学部国際企業関係法学科 有岡 未央

経済学部経済学科 松田孝士

商学部会計学科 翠 雅俊

理工学部経営システム工学科 澤田枝実子

文学部人文社会学科 頴原邦子

総合政策学部国際政策文化学科 鏑木あゆみ

            敬称略

第24回南甲倶楽部賞授与式

平成22年3月25日
 
第24回南甲倶楽部賞の授与式が、キャンパスの桜のつぼみが膨らみ始めた生憎の冷たい雨模様の日に、中央大学多摩キャンパスにて2009年度卒業式に先立ち、午前9時30分より行なわれた。

2009年度の受賞者は以下の6名の方々です。

法学部 法律学科  上杉 孟
経済学部 経済学科 大友 美香
商学部 経営学科 新開 庸平
理工学部 応用化学科 今榮 麗仁
文学部 人文社会学科教育学専攻 池田 唯菜
総合政策学部 国際政策文化学科 竹内 詩緒里

                                                                               (敬称略)

授賞式には、南甲倶楽部より足立直樹会長ほか役員の方々、大学からは久野修慈理事長・学員会会長、永井和之総長・学長はじめ、鈴木基弘法学部長、関野満夫経済学部長、石川鉄郎商学部長、石井洋一理工学部長、河西良治文学部長、河野光雄総合政策学部長が、その他受賞者のご両親など付き添いの方々も出席された。

足立直樹会長が、受賞者一人ひとりに表彰状と記念品を授与,はなむけの言葉を述べた。続いて、久野修慈理事長・学員会会長と永井和之総長・学長からお祝いの言葉が送られ、最後に受賞者を代表して、法学部の上杉孟さんが受賞の喜びと感謝の言葉を力強く述べられた。





授賞式終了後受賞者を囲んで記念撮影が行われた。

南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的社会参加、学問の奨励を目的として、倶楽部創立時より創設し授与されてきました。その後学園紛争などで一時中断された時期もありましたが、母校中央大学創立百周年を記念して復活し、本年をもって第24回目の授賞式となりました。

本賞は、毎年卒業する学生を対象に、在学中、学力、人物ともに優れ、芸術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から一名表彰。受賞者の選考は、各学部教授会で討議され、各学部長より当倶楽部に推薦され審議のうえ決定されます。