カテゴリー別アーカイブ: 金融部会

セミナー:「政府の財政赤字と日銀のバランスシート問題 ~金融市場への影響を考察~」

企業交流委員会
金融部会 第20回活動報告
9月2日(水)駿河台記念館

セミナー
「政府の財政赤字と日銀のバランスシート問題  ~金融市場への影響を考察~」

講師 中央大学商学部
原田喜美枝教授

 今回の金融部会セミナーは中央大学商学部の原田喜美枝教授を招いて開催されました。原田教授は金融学の専門家ということで金融庁金融審議会の委員を務め、また日本経済新聞の経済教室面への寄稿(2015年7月8日付「国際金融の規制 一層強化へ」)もされており、今回のテーマについてはどんな考察が展開されるのか、たいへん興味を持って参加しました。

冒頭、髙村専務理事のご挨拶から始まり、講義における原田教授の第一声は「今回は暗くなりがちなテーマですので明るい話を、と依頼されました。ご期待に添えない内容になるかも知れません」との前置きからスタートしました。

構成としては財政赤字・日本銀行のバランスシート・生活(金融市場)への影響の三部構成で、まず国の財政赤字の現実を明らかにした上で、その対策のための日銀の施策(量的・質的金融緩和)、そして日銀の施策通りに進まなかった場合にどうなるのか、欧州の債務危機の事例をもとに生活への影響を解説していただきました。

実際、原田教授の視点から日銀の施策について当初の狙いと現時点の進捗、そして現状から考える今後の問題点について解説いただくと、冒頭に前置きされた意図がよくわかりました。

しかし対話形式の質疑応答に移ると、そこはさすが金融部会に参加をされている諸先輩の方々です。悲観論だけではなく、楽観論としての考え方も展開され、会場は盛り上がりを見せました。まさに大学時代のゼミの1コマのような貴重な時間で、改めて有意義な講義内容だと認識させられたセミナーでした。

セミナー終了後は1階のプリオールに移動して、原田教授を囲んでの懇親会です。清川企業交流委員長のご発声で乾杯後、会場は日本経済の先行きに関して盛り上がり、さらに原田教授はソムリエ資格もお持ちとのことでワイン談義も追加され会場は大盛況でした。(金融部会 江森 智之)

金融部会-0311_24_36_

 

第14回金融セミナー「円高と日本経済」(その2)

平成24年6月4日(月)

「円高と日本経済について」(その2)

中央大学駿河台記念館において、参加者13名で第14回金融セミナーを第13回に引き続き中央大学商学部根本忠宣教授をお招きして、講義いただきました。

テーマは「アンガージュマンとしての政策論」。現代の日本社会は不信の連鎖がもたらす自由放任、不公正・不効率な社会であり、思考停止状態で空転する政治と根本教授は断じています。

中央大学商学部 根本忠宣教授

中央大学商学部 根本忠宣教授

第13回金融セミナー「円高と日本経済」  

平成24年1月19日(木)

「円高と日本経済 ~その構造要因と国際通貨システム~」

今回の金融分科会セミナーは講師として根本忠宣商学部教授をお招きして開催されました。

円高の要因になっている様々な生のデータを確認後、為替政策の必要性の有無、円高の影響と企業の対応など、多くのデータに基づく解説は、単に学術に止まらない内容で、参加者も聴き入っていました。

根本忠宣 商学部教授

第12回 「第二回南甲倶楽部金融分科会セミナー」  

平成23年12月14日(水) 多摩キャンパス

「地域金融機関の現状と課題」

12月14日に「第二回南甲倶楽部金融分科会セミナー」を多摩キャンパスで開催しました。

本セミナーは、私ども金融分科会メンバーがゼミ生に対して「証券・銀行・生損保」の3回シリーズで、社会人の先輩として経験してきたことや実践的な話をさせていただくという企画で、第1回は昨年10月に野村證券の黒田さんが担当しました。

今回は、宇野教授、岸教授のご尽力で「商学部特殊講義」の時間枠を使って約25名の参加によって「地域金融機関の現状と課題」というテーマで東京都民銀行の渡邊さんが行いました。

次回は、富士火災海上保険の井原さんにお願いする予定です。

地域金融機関の現状と課題について

第12回金融セミナー「クライシスコミュニケーションの役割と課題」

2011年9月、前回と同じく、中央大学商学部の平澤敦准教授をお招きして、金融分科会が開催されました。

テーマは「クライシスコミュニケーションの役割と課題」で、リスクとクライシスの違い、そのコミュニケーション、必要性、米国成功事例ほかを解説いただきました。長尾武次担当専務理事をはじめ、14名の会員が参加しました。