カテゴリー別アーカイブ: 製造部会

製造部会 第24回活動報告

製造部会  第24回活動報告  2月25日(木)
ワーカーズ倶楽部神田

「朝活会」開催
演題「現代企業はどう変革すべきか -ダイナミック・ケイパビリティとは-」

講師 千歳
日立製作所 情報・通信システム社

南甲倶楽部製造部会の仲間から、「博士」が出ました!
南甲倶楽部がその設立に深くかかわった中央大学ビジネススクールからの卒業生です。

彼の初講義はぜひ南甲倶楽部向けに開催させたいという思いと、製造部会として何か新しいことに取り組んでみようとの考えから、今回の企画「朝活会」を2月25日、ワーカーズ倶楽部神田にて開催しました。

新たな試みは、次の通りです。

南甲倶楽部会員の多くは、「現役の経済人」が中心であり、夕方早い時間の行事には参加しづらいのではないか。むしろ始業前のほうが時間の融通が利くのではという思惑から、

①朝7時15分から開催

②途中退室可

③通勤に便利な都心 (今回は神田駅そば)開催

④参加者による質疑応答時間の充実

以上を前提としました。

講義内容については、若手経営者が増えてきたことを踏まえ、千歳講師の博士論文でのテーマである企業経営戦略を採り上げました。

企画時点では、5~6名でのひそやかな開催を目論んでいましたが、当日は20名余の方々に参加いただき、予想以上に注目された企画であったと感じています。

演題は、「現代企業はどう変革すべきか-ダイナミック・ケイパビリティとは-」です。

講師である千歳博士が博士号取得に至った経緯や母校への思い、ビジネススクールで学ぶ意義等々講義のイントロダクションだけでも興味がつきないものでしたが、講義内容も世界の潮流や日本での出来事を時系列に、また企業戦略の変遷を実際の企業の事例とともに平易に説明していただきました。

また、講義後の質疑においても、我々受講者側が思いつくレベルの質問については学究されており、系統的に「学ぶ」ということの価値を肌身で感じられる貴重な機会となりました。

参加された方々とともに、今回の講師を務められた千歳学氏に、改めて感謝申しあげます。

余談ですが、有能な人材は世界に羽撃くようです。千歳氏は、春より勤務地が上海になるとの由。南甲倶楽部の一員として、彼のますますの活躍を祈念してやみません。

(製造部会 清田 英之)

■講師紹介
千歳 学(ちとせ まなぶ)
株式会社日立製作所情報・通信システム社

平成10年 中央大学経済学部経済学科卒
日立製作所入社
平成20年 同大学院戦略経営研究科戦略経営専攻入学
平成21年 南甲倶楽部入会
平成22年 同 修了(経営修士MBA)
同大学院戦略経営研究科ビジネス科学専攻入学
平成26年 南甲倶楽部製造部会委嘱
平成27年 同 修了(博士DBA)

1.朝活会2.朝活会

企業交流委員会: 製造部会第23回

製造部会 第23回 11月27日(金)
「清水建設東京木工場」見学会

木場駅から程近く、江戸時代には深川と呼ばれた界隈にある清水建設東京木工場へ見学に行ってきました。

浜っ子であり横浜ベイスターズファンである私にとっての清水建設といえば、横浜スタジアムを建てた会社。関東大震災では避難場所に建てられたスタジアムは、美しくも頼もしい外観を誇る横浜のランドマークとして市民に愛され続けています。

生活に密着した企業である一

方で「シミズ・ドリーム」として

、月面での太陽光発電を提案する日本を代表するゼネコンでもあります。先端技術を追求する企業が守り続ける「伝統技術」、その一端を垣間見られることに心が躍りました。

木工技術の要は手仕事。コンピュータには取り込むことができません。世代を貫いて技術を伝承させなければなりません。職人が伝えるには、受け継ぐ若手が必要です。

東京木工場130年の栄えある歴史を承け伝う若人を育成する手法の秘訣は、やりがいであったり、先輩から後輩への指導であったりしますが、一番の秘訣は、親父(失礼、工場長)の厳しくも溢れる愛情だな、とつくづく感じました。世界に誇る日本のモノづくりの原点が息づく職場でした。

東京木工場では、これまで手がけた木工品や建築物の設計図がすべて残されており、復元や修理の依頼に応えられるように備えていました。もっとも、造ろうにももはや手に入らない材木のほうが多いようですが。

材木の確保という話題では、平成25年に行われた伊勢神宮式年遷宮は記憶に新しいところですが、次の遷宮では桧が手に入らないかもしれないとのことでした。月太陽光発電も環境問題への対応なら、材木の確保も環境問題と切り離せません。これからの企業の在り様についていろいろと考えさせてくれる見学会でした。

見学会報告のはずが、見たことよりも感じたことを書き連ねてしまいました。「見たこと」を少し報告しておきましょう。

私は今回の企画のため、製造部会委員で打ち合わせを兼ねて下見に行きました。そして、当日は私たちの見学に対応するために、さまざまな資材や製作中の物が見て触れられるように、実に自然にあたかも最初からそこに置かれているかのように配置されていました。

客に気付かれないようにもてなすというのは、江戸っ子の粋ってやつかもしれませんね。

見学会後は、門前仲町へ移り、深川飯を堪能しつつの懇親会で盛りあがりました。

最後となりますが、私たちの見学会を快く受け入れてくださった清水建設東京木工場の皆さまに感謝申しあげます。

(製造部会 清田英之)

製造部会 2 製造部会 3 製造部会1

企業交流委員会第18回製造分科会 ANA訓練センター見学・研修会

第18回製造分科会見学・研修会は25名が参加し、東京都大田区の全日空訓練センターにて平成25年2月25日に開催されました。到着後、企業交流委員会高村委員長の開会挨拶からスタートし、大変意義深い講演と見学会を体験させて頂きました。

■講演 「お客様の声に徹底してこだわる~ Team ANAのCS推進」
現在、航空業界はLCCの台頭、JALの競争力回復、787のトラブル等、取り巻く環境は大きく変化しており、グループ経営に影響を及ぼすリスクは多岐に及んでいます。そのような中、ANAではコスト削減と効率化に務めながら「安全性・信頼性・高いサービスを発展」させている「CS(Customer Satisfaction:顧客満足)を軸にした経営戦略」を展開されています。講演ではその本質に迫るべくCS推進の概要をご講義頂きました。
ANAグループの経営理念を構成する基本理念、グループ行動6ヵ条をベースに、アジアNo.1エアライン(現状ではアジアのNo.1が実質的に世界のNo.1)を目指した「クオリティで一番」、「顧客満足」、「価値創造」に根ざすCS推進体制のビジョンを聴き、更に実際の感動エピソードを3本のドラマに仕立てたDVDを鑑賞して、CS展開の先にある、会社の業績向上、お客様の満足、従業員自身のモチベーションUPという3つの幸せに繋がるしくみを理解することにより、ANAの安心とサービスに対する考え方の神髄に触れることが出来ました。

■見学・研修 「全日空訓練センター」
今回の研修会の目玉は一般公開されていない「訓練施設」の見学です。前述の講演会場へ向かうフロア廊下を歩くと、ホンモノCAの皆さんが教室で研修を受講しており、期待に胸が膨らみました。ビル建屋の中では、航空機型番に合わせた実物大模型「モックアップ」を使った実技訓練が行われます。CA試験合格後、訓練センター36日間、OJT4日間の地上訓練を経て国内線乗務が始まるとのこと。特に海上遭難を想定した訓練用のプールや、数mの高さからの脱出シュートを使用した緊急着陸訓練施設などが印象的でした。いつも我々がお世話になっている乗務員の方々が実際に使われている訓練施設を見て、安全運行に対する弛まぬご努力を確認させて頂きました。

■懇親会「東京ガス㈱本社」
懇親会は東京ガス本社に場所を移し、大先輩・大西雅之氏(S36経)の乾杯のご発声でスタートいたしました。研修会では質問時間とれなかったため、講師を囲み質疑応答がなされました。
また、用意された銘酒(洗心・得月・万寿、黒龍の龍、獺祭磨き2割3分、楯の川)の利き酒をしながら、有意義な研修会が終了いたしました。

ana_20130225

(製造分科会幹事 小関 肇)

第17回 スズキ湖西工場・スズキ歴史館 施設研修・見学会

平成24年2月24日(金) 「スズキ湖西工場・スズキ歴史館」

スズキ湖西工場 

当日は、静岡県県湖西市のスズキの湖西工場へ35名での訪問となりました。

スズキの国内工場で最大の生産台数と建物面積をもつ湖西工場は、国内の主力となる軽自動車を中心に生産し従業員数は約3600名だそうです。

スズキ歴史館にて記念撮影

あらゆる面で「小さく・少なく・軽く・短く・美しく」の理念が徹底されムダのない効率的な運営を目の当たりにできた有意義な見学会でした。

第16回 東京ガス浜松町本社ビル 施設研修・見学会

2011年7月、第16回製造分科会研修会は22名が参加し東京ガス浜松町本社ビルにて開催されました。福島原発事故以来、エネルギー・セキュリティに対する関心が高まっているいま、今後のエネルギー政策を考える上で東京ガスの取り組みを研修しました。

研修は以下の3部構成で、それぞれ担当部門の方にご説明をいただきました。
「次世代エネルギーネットワーク“スマートエネルギーネットワーク”に関する東京ガスの取り組みについて」
「CES・芝浦地域冷暖房センターの研修・見学」
「供給指令センターの研修・見学」

研修・見学終了後は食堂へ会場を移して懇親会が開かれ、みな大いに盛り上がりました。