作成者別アーカイブ: Iwasa

第22回ビジネス交流会

2018年3月7日(水)中央大学後楽園キャンパスにて
東京個別指導学院の齋藤勝己代表取締役社長を講師にお迎えし、開催されました。

講演テーマ:「ホスピタリティ経営~人の活力で事業を伸ばす~」
講師 株式会社東京個別指導学院 代表取締役社長 齋藤 勝己氏
(昭和62年経済学部卒)

5

東京個別指導学院は1982年に創業し、現在では1万人の大学生の講師を抱え、全国に240校、3万人の生徒数を誇ります。環境としては少子化という逆風のなかホスピタリティ経営を掲げ、業績は5期連続で増収増益を達成、また在籍生徒数も過去最高となっています。今回の講演では、講師がホスピタリティの大切さに思い至られた経緯、また従業員一人ひとりのホスピタリティを引き出す秘訣、そしてホスピタリティの実行を促すための仕掛けについて語っていただきました。

5

1.なぜホスピタリティなのか
齋藤氏がホスピタリティを経営に取り入れるようになったのは自身のご経験によるものでした。はじめてのホスピタリティとの出会いは在学中のアルバイトとのことです。一つひとつの動作に心を添える、その行為によりお客さまとの関係につなげる、ホスピタリティというのはお客さまのためではなく自分にもつながる、そんなかけがえのない経験をアルバイト時代に得たと語っていました。
そのような経験から、【人を笑顔にすることのできる仕事がしたい】と考えて、卒業後、ホテル業界にて10年間ホスピタリティの基礎を学び、そこでホスピタリティのある人は教えることに長けている、すなわち対象がお客さまから身内に代わるだけで、ホスピタリティというのは人の育成にもつながるという気づきを得たとのことでした。
そしてホスピタリティを持って人を指導すると、もっとも成長するのも自分という気づきもあったことから、ホスピタリティをより一層重視するようになったとのことです。ここから齋藤氏は【人の未来を笑顔にする仕事がしたい】との想いを抱き、教育業界へフィールドを移しました。

2.ホスピタリティを引き出す秘訣
東京個別指導学院では、自社で働くすべての人がお互いに活力を持ってかかわり合う「全員経営」を実践しています。ではどのように実践をしているのか。ここで東京個別指導学院の理念が紹介されました。
「やればできるという自信」「チャレンジする喜び」「夢を持つ事の大切さ」。我々は、この3つの教育理念を世界に広めることを通じ、一人ひとりの大切な人生を輝かせることに全力を尽くす。
この理念を、対外的にのみならず内部へ向けても徹底しているということが示されました。

3.ホスピタリティの実行を促す仕掛け
東京個別指導学院では、大学生講師のホスピタリティを引き出す仕組みとし、「TEACHERS’SUMMIT」を開催しているとのことです。
「TEACHERS’SUMMIT」とは全国の教室のなかから投票でグランプリ教室を決定する仕組みです。大学生講師は、この活動を通して、多様な人と助け合い、チームで目標を達成し、自身も成長していくという貴重な体験を得ることにつながります。すなわちグランプリ教室を目指す過程で、ホスピタリティの本質を体感し、学ぶことのできる仕組みが整っているのです。
当然、学生時代にこのような経験をすることは社会に出るうえで大いに役立ちます。ここからも東京個別指導学院が掲げる理念を対内的に実践しているということがわかります。
最後に齋藤氏が自身の夢を語ってくれました。
「いまのこの会社を人が成長できるプラットフォームにする」
“ホスピタリティ経営〟という言葉のなかに、その一言では言い尽くせないほどの奥行きの深さを感じました。
講演終了後、川手正一郎副会長より謝辞が述べられ、中国古典を引用し「暑く積みて薄く発す」と齋藤氏を表現されました。このようなやり取りは正にビジネス交流会の醍醐味です。
その後、懇親会へと舞台は移り、升本喜一専務理事の乾杯から始まり、その後は齋藤氏を囲み談義が弾みました。最後の締めは清水正行専務理事より齋藤氏の講演の続編をぜひお願いしたいとの提言もされて、第22回ビジネス交流会は大盛況のうちに終了しました。

第32回中央大学南甲倶楽部賞授与式

2018年3月25日(日)多摩校舎1号館1408教室
南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、中央大学理事長・学長・学部長、
南甲倶楽部会員の出席のもとで行われました。

・前列から川手正一郎副会長(中央)、大村雅彦理事長(右)、酒井正三郎総長・学長(左)と受賞者。後列右から星野智法学部長、篠原正博経済学部長、渡辺岳夫商学部長、樫山和男理工学部長、宇佐美毅文学部長、堤和通総合政策学部長

晴天に恵まれた多摩キャンパス。授与式は、9時30分から始まりました。川手正一郎副会長が6名の受賞者に賞状および記念品(印鑑3点セット)を授与。受賞者には「人生は出会い。出会いにより己を知り、己を磨くことです。人は幾つになっても出会いがあります。そして、その出会いに感謝することだと思います。これから、自信を持って自分の未来を切り拓いていただきたい」と励ましの言葉を贈りました。
大村雅彦理事長は「大学で学んだことを生かし、さらに視野を広げて高い目標に向かって進んでいただきたい。また、幅広い分野で活躍している先輩方が大勢いるので諸先輩の懐に飛び込んで交流を深めていただきたい」と祝辞を述べました。
酒井正三郎総長・学長は「南甲倶楽部賞を受賞した日からその名に恥じない生き方、高い夢を目指して努力する責任を負うことになります。それぞれの分野で大きく成長されることが本賞開設の趣旨。今後も一層頑張っていただきたい」とお祝いの言葉を述べました。
最後に、受賞者を代表して経済学部の植田夏実さんが「国際交流サークルでの活動や、学部長賞の奨学金でワシントンD.C.にてインターンシップに参加したことなど、将来において海外で働きたいという原点になりました。社会人になっても南甲倶楽部賞の受賞者、中央大学の名に恥じないよう、今度は自分が誰かの支えになりたいと思います」と感謝の気持ちを表しました。式典終了後、参加者の皆様は卒業式の会場へと向かいました。

感謝の言葉を述べる植田夏実さん

感謝の言葉を述べる植田夏実さん

第32回南甲倶楽部賞受賞者(敬称略)写真右から
法学部政治学科  村杉 早紀
経済学部国際経済学科  植田 夏実
商学部会計学科 フレックス・コース  梅原 雄太    
理工学部 電気電子情報通信工学科 水品 圭汰  
文学部人文社会学科 国文学専攻 永原 響
総合政策学部 国際政策文化学科  野田 琴実 

受賞者の声
私たちが大学で学んだこと、今後の希望

区役所で、まちづくりの仕組みづくりに貢献したい
法学部政治学科 村杉 早紀

学生時代は、実行に移し、直接見て聞き、そこから考えていくことの大切さを学びました。3年のゼミ活動において、石巻市の仮設住宅集約化に向けたアンケート調査の分析・提言を行った際、調査結果の紙に書かれた文書を見て理解するだけでなく、実際に石巻市に赴き現場の様子、住民の表情、声を見聞きしました。そうすることで紙には表されていなかった住民の心の底からの声を知ること、また疑問点の解消に繋げることができ、より効果的な提言を生み出すことができました。FLPの地域・公共マネジメントにおける活動では、パルテノン多摩が企画・運営するフェスティバルに参画し、市民の毎年楽しみにしているという声、この点をわかりやすくしてほしいという声を聞き、また子どもたちの笑顔を見ることで、多くの気づきや喜びを学び得ました。
この4月からは区役所の職員として、区民自らが積極的にまちづくりを行っていける仕組みづくりに貢献していけるよう努めていきます。

日々精進し世界を舞台に活躍したい
経済学部国際経済学科 植田 夏実

私は自身の成長のため、大学生時代にさまざまなことに挑戦してきました。1年次から国際交流サークルに入り、そこで英会話を学ぶ他、外国人との交流を通し異なった文化に触れることで視野を広げることができました。
2年次後期からはゼミナールで途上国のビジネスについて学びました。ゼミ生とともに1つの研究を行うことは、意見の衝突などもあり、たいへんでしたが、やり遂げた時はチームだからこその達成感を味わいました。
また、学部長賞奨学金をいただき、その使途としてワシントンD.C.で3週間のインターンシップへ参加しました。世界銀行、大使館、日米協会など世界でトップクラスの国際機関に訪問し、討論やプレゼンテーションを行ったことは非常に貴重な体験になり、将来、海外で働きたいという思いの原点になりました。
卒業後は、商社業界で働くことが決まっております。今までの経験を活かし、世界を舞台に活躍できるようこれからも日々精進して行きたいと思います。

公認会計士として幅広い活躍を
商学部会計学科
フレックス・コース 梅原 雄太

私は公認会計士になることを目標に、中央大学に入学し、勉強に励んできました。勉強している際は、多くの先生や先輩に支えられ、また、受験仲間と競い合うことで、勉強に取り組むことができました。その成果もあり、2年次には公認会計士試験に合格することができました。
その後は、自らの視野を広げようと思い、大学の短期留学制度を利用するなどして、何度か短期留学しました。留学したことによって、語学力の向上はもちろん、現地の海外の方と話せたことや海外の文化に直接触れた経験は、自分の将来において非常に大きな財産になると感じました。その他にも、公認会計士試験以外の資格試験にもチャレンジするなど、充実した学生生活を送ることができました。卒業後は、公認会計士として監査法人に勤務することになります。会計の専門家としての名に恥じぬよう、これまで学んだことを発揮しつつ、これからも自己研鑽に励んで参ります。

フラッシュメモリを研究 国際学会に論文を執筆
理工学部
電気電子情報通信工学科 水品 圭汰

在学中、もっとも多くの経験と学びの機会を得られたのは、研究室に配属されてからの1年間でした。4年次に電気電子情報通信工学科竹内研究室に配属されてからは、フラッシュメモリの研究に取り組んできました。研究を進めていく上で、壁にぶつかった時には先生や大学院の先輩にさまざまなアドバイスをいただき、第一著者として執筆・投稿した論文はIEEE主催ISCASに口頭発表として採択され、イタリアで発表できることになりました。論文を執筆する際には自分自身の未熟さ、追い込まれた時の弱さと向き合うことで、成長できたと考えています。
4月からは中央大学大学院理工学研究科に進学します。今後は電子デバイス分野で最高峰の国際学会に向けて論文を執筆したいと考えています。また、社会に出るまでに一人前の研究者となれるよう日々精進していく所存です。栄誉ある南甲倶楽部賞の受賞者であることの誇りを胸に日々着実に前に進んでいきたいと思います。

学んだのは「積み重ね」が重要であること
文学部人文社会学科国文学専攻 永原 響

私が学生時代に学んだことは、「積み重ね」がいかに重要かということです。私が4年次の後期にゼミナールにてご教授を賜った小野泰央先生は「小さな発見、小さなプラスアルファの積み重ねで文学史が成り立っていく」ということを常に仰っていました。これは文学史に限った話ではなく、小さな課題から人の一生、人類の文明など、その大小を問わず広く共通した1つの真理だと思います。
それを自身の人生に当てはめて考えると、自身の経験の積み重ねと、自分が社会に残す影響の積み重ねの2つがあります。その一つひとつは恐らく微細で、形も名前もありはしないのでしょうが、そういったものたちが自分を形成し、歴史を形成するのだと思います。
卒業後は、OA機器を中心とした営業職に就職します。業務内容はありきたりかもしれませんが、仕事におけるプロセスを大切にしている様子から就職を決めました。学生時代に学んだ思考を生かし、日々研鑽を積んでいく所存です。

常に考え行動し日本の発展に関わっていきたい
総合政策学部国際政策文化学科 野田 琴実

学生時代に学んだことは、行動することの大切さです。大学入学前後、頻繁に報道されていたイスラーム教に関心を持ち、第2外国語でアラビア語を選択しました。学習のなかで、実際にイスラーム教の方々と関わり、政治的な面以外にも触れることで、テロや過激思想などの偏見がなくなっていきました。
ゼミでは、文献で過去に行われた調査に疑問を持ち、自分でも同様の聞き取り調査を行ったところ、現在では異なる結果が得られたという発見がありました。自ら行動することで、自分のなかに変化や発見が得られると感じ、行動することの重要性を感じました。
卒業後は、インバウンド業界に進みます。どの国の人々が、日本のどの点に関心を持っているかを的確に把握し、個別に働きかけることが、今後、日本が観光立国として、さらに発展するために重要だと思います。
日本の魅力を海外に伝えるために自分にできることは何か、常に考え行動し、日本の発展に関わっていきたいです。

中央大学大学院 戦略経営研究科 南甲倶楽部賞授与式

2017年度 9期生 中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール)
南甲倶楽部賞授与式
2018年3月24日(土)後楽園キャンパス3号館
ビジネススクール修了式の後、鈴木敏文賞と南甲倶楽部賞の授与式が行われました。

南甲倶楽部賞を授与する川手副会長

南甲倶楽部賞を授与する川手副会長

後楽園キャンパス5号館アリーナにて国際会計研究科・法務研究科・戦略経営研究科の修了式が行われました。その後、同キャンパス3号館にて戦略経営研究科(ビジネススクール)の学位授与式が実施されました。
はじめに中村博研究科長が52名の修了生(MBA)と1名の博士後期課程修了生(DBA)に学位記を授与しました。引き続き、中村研究科長より鈴木敏文賞の受賞者・山本 哲也氏にクリスタル製の表彰盾と副賞の懐中時計を授与。南甲倶楽部賞は、川手正一郎副会長から戸辺 昌弘氏、安倉史典氏、粟津裕行氏の3名に同様の表彰盾と懐中時計を授与しました。
次に研究論文賞を受賞した4名、課題論文賞4名の氏名と論文タイトルが紹介されました。
続いて中村研究科長が、「MBAを取得してもそれが未来永劫続くことではありません。世の中の変化に応じてブラッシュアップしていくことが大事です」と激励の言葉を贈りました。
来賓を代表して川手副会長は「中学校教師・腰塚勇人氏の『命の授業』のなかの「5つの誓い」について述べ、いつもこの言葉を思い出して初心にかえっていただきたい。また、社会の変化が激しくともチャンスは自分のなかにあります」と修了生へ向けての期待と激励の言葉を贈りました。また、「CBS修了生の方々は南甲倶楽部に入会する資格がありますから、ぜひ入会して人脈を増やしてください」と述べました。
授与式を終えた後、修了生たちは、学位記を胸にかかげ、輝かしい笑顔で記念撮影に臨んでいました。

受賞者の声
私たちが戦略経営研究科(CBS)で学んだこと

鈴木敏文賞
講義内容が実務と直結「生きた教材」であった
イトーヨーカ堂 山本 哲也

2年前、いつもと違い空虚な気持ちで正月を迎えました。勤務先で初の赤字決算が決定的となり、20年近く人事の職務を歩んでいながら、赤字という現実を目の当たりにし、これまでの仕事は何だったのか、いまさらながら自問自答していました。
どうすれば打破できるのか、そのために自分には何が足りないのかを考えた結果、MBAへの進学、そのなかでも著名な教授陣への魅力を感じCBSを選択しました。特に人的資源管理の佐藤博樹教授は以前よりご講演などでお話をうかがっており、多くを吸収したいと切望しました。
合格発表当日に経営企画への異動の内示を受けましたが、CBSには戦略やファイナンスなど経営に必要なカリキュラムが充実しているので、人的資源管理を選択しながらも、さまざまな分野を多く受講し幅広い知識を得ることができました。CBSの特長として、講義内容が実務と直結しているため、すぐに実践の場で生かせたことは、経営企画という部門に携わる身にはまさに「生きた教材」でした。
まだ厳しい経営環境に変わりありませんが、CBSでの学びや人脈を大切に、あらゆるステークホルダーより評価される企業へ成長できるようその一助になりたいと考えています。

南甲倶楽部賞
IoTとAIを活用したビジネスを研究
富士ゼロックス 戸辺 昌弘

CBSには、マーケティング専攻で入学しましたが、入学後に近年のビッグデータが主導する経済成長と社会変革の実現に興味を持ち、ビッグデータを収集するための手段であるIoT(Internet of Things)と、ビッグデータを分析・活用するための手段であるAI (Artificial Intelligence)を使ったビジネスの研究をするため、戦略のゼミを選択しました。
研究テーマとして「インダストリー領域のIoTプラットフォーマーが成功するには、どのようなエコシステムを構築するべきか」という問題を設定し、所属したゼミの先生やDBAの諸先輩方のご指導および、先生に紹介いただいたIoT・AIビジネスに関わる実務家や同期にインタビューを実施することで、研究論文としてまとめることができました。
CBS修了後は、現在自社でIoT・AIビジネスに関わる成長戦略を企画する部門に所属しているので、CBSで学んだ知識と自身の研究成果を、実際のビジネスで生かしていきたいと考えています。そして、私が企画したビジネスで社会に変革をもたらすことができるように今後も新しいことにチャレンジしていきたいです。

夢中で取り組んだグループワーク企業実務家のプレゼン
オフィスFYC 安倉 史典

現役を引退し、第二の人生を歩みだす時期にCBSへの挑戦が始まりました。初年度は単位を取るのに必死。課題レポートはつらい。平日や土日の授業に体力・気力がついていけるかと不安のなかでのスタートでした。
しかし、豊富な教材による先生と学生との双方向の授業やグループワーク、第一線の企業実務家をゲストに招いてのリアリティ溢れるビジネスプレゼンテーションの講義に夢中で取り組むうちに、いつしか入学時の不安は消えワクワクしながら授業に出席する自分を発見することになりました。
また、1年次から無謀にもJBCCに参加したことも今となっては懐かしい記憶として残っています。2年次のプロジェクト研究では、取り組む分野においていかにオリジナリティのある研究に落とし込むかに悩みながら書き上げ、提出した時の達成感は格別なものがありました。
CBSでの生活は、ライフ・チェンジを起こす起爆剤になったばかりでなく、「生涯学び続けたい!」という思いを強くした2年間でもありました。親切でていねいに指導していただいた先生方やさまざまな分野から集まった世代を超えた学友が、私の生涯のかけがえのない財産となりました。心から感謝申しあげます。ありがとうございました。

2年前の決断と今の自分 ここからがスタート
MJS Finance & Technology 粟津 裕行

2年前、入学した時の思いや考え方と今の考え方とでは、まったく違う自分がいるように感じます。CBSで戦略を中心に学ぶうちに、まだまだ学び足りない自分がいることに気づきました。特にCBSでの学びを通して一番気づいたことは、人と人との繋がりを通して学ぶことだということです。自分だけがいくら頑張ったところで、1人の能力なので結果はたかが知れています。その自分の能力を高めるためには、同級生や諸先輩方々に協力を仰ぎながら取り組むことが重要であると思いました。本当にさまざまな気づきがあったCBSでの2年間でした。
あと特に印象に残っているのが、入学当初に同級生の3人とチームを組んでJBCCというケースコンペに参加したことです。当時はCBSの授業レベルに追いつくのが精一杯でした。そのような状況にもかかわらず、仕事とCBSの課題をこなしながら、毎晩夜中の12時頃から仲間と議論を交わして事業再生プランを作りあげていました。
そんなCBSでの切磋琢磨した2年間は、自分自身にとってたいへん刺激的な時間だったと思います。
今回のCBSの学びで次の10年の目標が見えました。ここはゴールではなく、スタートだと気を引き締めて、さらなる成長を目指します!

(左から)安倉史典氏  山本哲也氏  戸辺昌弘氏  粟津裕行氏 

(左から)安倉史典氏  山本哲也氏  戸辺昌弘氏  粟津裕行氏