平成29年 定時総会開催

滞りなくすべての議案を決議
母校の中期事業計画の進捗状況に会場は活気づく

去る5月17日18時から東京ドームホテル天空の間にて定時総会を開催。
総会懇親会は中央大学関係者と学員会の方々にご出席いただき総勢190名で盛大に行われました。

議長を務める足立直樹会長

議長を務める足立直樹会長

議案審議に先立ち平成28年度に亡くなられた4名の方々に黙祷を捧げました。議事進行は成田清治事務室長により行われました。総会は、足立直樹会長の挨拶から始まり、本規約第11条1項により足立会長が議長を務め、議案審議に入りました。

第1号議案(1)
事業報告は升本喜一専務理事・事務局長より報告。

第1号議案(2)~(4)
会計報告は江口雅夫事務局長補佐、会計監査報告は小林公司常任監事より行われ、すべての第1号議案は満場一致をもって決議されました。

第2号議案(1)
平成29年度事業計画案承認の件は、升本専務理事・事務局長により、倶楽部の拡充と活動強化、他支部との連携ならびに母校の興隆に寄与することを基本方針として活動していく、今年度も南甲倶楽部の今後の在り方について企画委員会を中心に検討していきたいと述べていました。

総会会場

総会会場

次に、各専門委員会の活動計画の説明に移りました。

時津孝之企画委員長からは、南甲倶楽部の在り方については大きなテーマであるゆえ、段階的に作成して方針を固めていく。
松井宏夫広報委員長は、南甲誌は会員のなまの声が生きる誌面づくりにしたい、ホームページは若い会員にもよりよい情報を発信したいとの報告。
沢目宣子会員増強副委員長は会員数1000名の体制維持に努力。また、役員四季報などを活用し、会員増強成に役立てたい。
鈴木不二雄会員交流委員長は、親睦の機会を多く提供しますので、積極的な参加をお願いしたい。
仲摩俊男企業交流委員長は、各部会とも年に2、3回の企画を実行していきたい。
宿谷勝巳ビジネス交流委員長は、ビジネスマッチングの創出を促す機会をつくる。登録会員数300名を目指したい。今年度は4回の交流会を企画している。
同好会委員会への参加を促進するため各同好会活動の紹介と募金委員会については成田事務室長が説明。今年度も中央大学の要請を受けて募金活動を継続。
丸山達哉大学支援委員長は「働くこと入門講座」への講師紹介、学生の就職支援としてOGOB交流会の開催など大学と実業界の橋渡しとして支援活動を続ける。
長谷川稔ビジネススクール支援委員長は、短期・長期の目標を掲げ、その達成に向けて院生募集、講師派遣などの支援活動をする。

以上のことが各委員会から報告されました。

第2号議案(2)~(3)
平成29年度の一般会計と特別会計の、収支予算案は、江口事務局長補佐より説明。第2号議案も満場一致で原案通り決議されました。

第3号議案のその他に関しては、特段の意見もなく、すべての議案が滞りなく決議され、総会は閉会しました。

【懇親会】
懇親会は魚本晶子事務局長補佐の司会進行で恒例の校歌斉唱から始まりました。
はじめに足立会長の挨拶が行われ、続いてご来賓の方々からご祝辞をいただきました。引き続き、ご来賓の紹介、南甲倶楽部副会長の紹介と続きました。次に当日出席された30年間の永続会員2名が足立会長より表彰、記念の盾を授与されました。
乾杯のご発声は、鈴木敏文名誉会長が行い、いよいよ宴が始まりました。広い会場は、たちまち和やかな雰囲気に包まれ、歓談の輪が広がっていきました。
閉会の辞は早河洋副会長が務めました。

足立直樹会長
「大学の理事長はじめ理事の方々が内定し、新体制がスタートするということです。南甲倶楽部の大きな目的の1つは大学の支援です。大学が一層の隆盛を極めるよう、少しでも大学のお役に立てればと思っています。昨日発売の『サンデー毎日』シリーズ「大学同窓会の研究」のなかで慶應大学、早稲田大学に続いて中央大学が取り上げられ、南甲倶楽部と法曹界が紹介されました。また、『東洋経済』の学生の人気大学でも私学のなかで3番目、大学全体でも6番目に入っていたと聞いています。ぜひご覧になってください」

■来賓のご祝辞
中央大学理事長職務代行
大村雅彦常任理事

5

「“中長期事業計画Chuo Vision 2025”がスタートして、今年度2年目を迎えました。南甲倶楽部の方々からは物心ともに力添えをいただき感謝しています。今後、さらにスピード感をもって中長期事業計画を推進してまいります。箱根駅伝に関しては、5年以内に5位以内、10年以内に優勝するという目標をかかげ、特別強化種目として選手の学費の奨学、強化育成費の支給、さらに選手勧誘や指導者採用、海外合宿費用などの活動支援を行い、また藤原監督の意見が反映されやすいような環境も整えています。その成果が現れることを期待しています。」

酒井正三郎中央大学総長・学長

6

「『働くこと入門講座』は、学生たちからキャリアデザイン、就職観の形成に役立つと評価が高く人気の講座です。毎年数百名の受講生を集め続ける講座は、本学の歴史にもないかと思います。現在、中長期事業計画の具現化に向けて、努力を傾注しています。そのトップバッターとして総合政策学部を改組して3学部をつくることが進行中。計画通りに行けば今年度中に文部科学省による設置申請に進めるかと思っています。キャンパスの都心回帰に関しても国の政策動向を見ながら慎重に対応していく所存です。」

久野修慈学員会会長

7

「学員会の会長として全国の支部を歩いてきました。京都で95歳の方から『駿河台の空は暗かった』という本を薦められました。学徒動員で特攻隊から駿河台に戻ると軍隊ばかりで空は暗かったという自伝的小説です。自分の学んだ大学の空が明るくなるよう、しっかりやってくれと言われました。大学の方々にも中央大学の空が明るくなるよう挑戦していただきたい。南甲倶楽部は会員1000名近くまで発展されました。大学あるいは学員会に、さらに多くのご意見を出していただきたい。それが活力になって大学が本当の道を歩んでいくと思います」

■乾杯のご発声
鈴木敏文名誉会長

8

「本日は来賓の皆さまから大学の現況や方針をお聴きしましたが、実行していただくことが非常に大切です。私どもも全面的に支持してまいりたいと思います。今晩は、皆さま方とこのひと時を楽しみたいと思います。皆さまの健康と幸せを祈念して乾杯!」

■閉会の辞
早河洋副会長
「来賓の方々のお話しから、さまざまな大学改革が始まっていることをうかがい、母校の未来に明るい希望が持てそうな印象を受けました。中央大学が六大学に加わらないという決断をしたのも、大学の将来にとって大きな転機。野球だけでなくバレーボール、アイスホッケー、駅伝などのスポーツも転機をチャンスにして、以前のように華々しい活躍をしていただきたい。今回の大きな決断であるキャンパスの都心回帰についても転機をよい結果に導くよう力を合わせて行きましょう!」

南甲倶楽部 新年賀詞交歓会

会員増強に取り組み、母校を支援
「来年はぜひとも箱根駅伝に出場」と多くの声

2017年1月24日、大学関係者や学員会の方々をお招きして九段下のホテルグランドパレスにて盛大に開催しました。

最高気温が7.7度という寒い1月24日でしたが、開会の30分前には、すでに大勢の会員の方々が来場し、新年の挨拶を交わしていました。この日の出席者は、来賓38名を含めて総勢180名。熊本、長岡から駆けつけた会員もいました。

会の司会進行は、井上玲子統括専務理事補佐が務め、まずは校歌斉唱からはじまりました。

新年の挨拶を述べる足立直樹会長

新年の挨拶を述べる足立直樹会長

足立直樹会長の新年の挨拶は、中長期事業計画「Chuo Vision 2025」の具体的な内容がまとめられることで、南甲倶楽部としてどのような協力ができるか、また10周年を迎えるビジネススクール(CBS)に対しても大学側と連携を取りつつ協力をしていきたい、などを語りました。南甲倶楽部会員に向けては、母校を支援するために会員増強に取り組んでいただきたい、各委員会活動や行事に積極的に参加して人格を磨き、魅力ある社会の実現に貢献していきましょう、と呼びかけました。

大村雅彦常任理事からのメッセージ

大村雅彦常任理事からのメッセージ

祝辞を述べる酒井正三郎総長・学長

祝辞を述べる酒井正三郎総長・学長

続いて、所要により欠席された深澤武久中央大学理事長の代理として大村雅彦常任理事からメッッセージが読みあげられました。その内容は、箱根駅伝の予選会の終了後、藤原監督を中心に選手諸君は、いくつかの大会で自己ベストを更新するなど確実に力をつけているとのこと、また大学のガバナンス構築についてはすべての項目について具体的な検討を終えることができたとの報告でした。

酒井正三郎総長・学長の祝辞は、「働くこと入門講座」が大学きっての人気講座であることの感謝の言葉、箱根駅伝に関して成すべきことのリストアップに着手していること、今年度の一番の課題が中長期事業計画の実行に移すこと、文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」に採択され、一方で公認会計士試験合格者が96名と早稲田大学と並んで第2位になったことなどの報告が述べられました。

続いて、来賓の方々の紹介が行われた後は、足立会長が酉年生まれの代表として池田勝定氏に記念品を贈呈しました。

鈴木敏文名誉会長による乾杯の発声

鈴木敏文名誉会長による乾杯の発声

中締めをする早河洋副会長

中締めをする早河洋副会長

乾杯の発声は鈴木敏文名誉会長が行いましたが、発声の前に、箱根駅伝に関して優秀な選手を招聘しなければならない、これは大学当局の将来にかかわることと自覚していただいたいと、あえて苦言を呈しました。そして、手を高く挙げて乾杯の発声を行いました。

その後、お酒と食事、歓談、名刺交換と会場は賑やかになり「久しぶりに同窓と会えて、お酒がひときわ美味しかった」など、会員の声も聞かれました。

楽しい会もお開きとなり中締めは早河洋副会長が、箱根駅伝では、口惜しい思いをしたこと、東京オリンピック・パラリンピックで母校のアスリートがメダルを獲得し、それを見た子どもたちが中央大学を目指してくれることを期待すると述べられ、関東一本締めで閉会しました。

足立会長はじめ役員の皆さんに見送られ、出席者は名残惜しげに会場を去っていきました。

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式

第30回中央大学南甲倶楽部賞授与式 3月25日(金)多摩校舎1号館1408教室 中央大学南甲倶楽部賞授与式が受賞者、受賞者のご父母、 中央大学学長・学部長、南甲倶楽部会員の出席のもとで行われた。 3月25日、多摩キャンパスの桜のつぼみはまだ固く冷たい風も吹いていたが、雲ひとつなく澄みわたった青空。この日、30回目を迎える南甲倶楽部賞授与式が行われた。

前列から川手正一郎統括専務理事(中央)、深澤武久理事長(右)、酒井正三郎総長・学長(左)と受賞者。後列右から中島康予法学部長、篠原正博経済学部長、木立真直商学部長、石井靖理工学部長、都筑学文学部長、松野良一総合政策学部長

ご家族を伴い少々緊張した面持ちの受賞者たちが揃った9時30分、栂野紘次専務理事の進行により式は開幕した。はじめに川手正一郎統括専務理事が、6名の受賞者に賞状と表彰品(印鑑三点セット)を授与し、挨拶をした。「皆さんに贈る3つの言葉があります。箱根峠の歌碑に『あれを見よ深山の桜咲にけり真心尽くせ人知れずとも』。広い視野で深い心、そして一生をコツコツと磨きなさいということ。2つ目は論語の一節『徳は孤ならず 必ず隣有り』。徳とは正しいことを継続していると必ず良き協力者が現れる。3つ目は坂村真民の『念ずれば花ひらく』。努力して己を磨けが報われるということです。 皆さん人生は一度きり。しかも片道切符です。大きな目標を持ちそれに向かって必死に走る。歩みはウサギでも亀でもいい。それが未来を切り拓くことです。自信を持って自分を磨いてください」

挨拶をする川手統括専務理事

深澤武久中央大学理事長の祝辞は「幅広い分野で活躍して社会に貢献している先輩方が大勢います。彼らは後輩とわかると心を許して便宜を図ってくれます。皆さん、遠慮しないで先輩の懐に飛び込んで交流を深め、成長の糧にしていただきたい。中大卒であることの誇りを胸に今後も研鑽を重ね、大いに活躍していただきたい」と述べた。

3.IMG_0138

祝辞を述べる深澤武久理事長

酒井正三郎中央大学総長・学長は「南甲倶楽部賞を受賞したその日から賞に恥じない生き方、一層高い夢を追う責任があります。今日が新たな出発点。皆さん自身がそれぞれの分野で一回りも二回りも成長されることが本賞開設の趣旨であり、期待に報いることであろうと思います。南甲倶楽部の方々に御礼を申し上げると同時に今後も中央大学との強く熱い連携をお願いいたします」と結んだ。

祝辞を述べる酒井正三郎総長・学長

これらの言葉を受け、受賞者を代表して総合政策学部の中西祥子さんが感謝の言葉と「この4年間、出会った多くの方々のおかげで、立ちはだかる壁を何度も乗り越えてきました。大学時代に学んだことを生かして何事も全力で取り組んでまいります」と述べ、授与式は閉会した。 8.IMG_0156 その後、式に参加した全員が卒業式の会場である第一体育館アリーナへと向かった。 南甲倶楽部賞は、母校との交流、学生の積極的な社会参加、学問の奨励を目的に設けられた賞。毎年、卒業する学生のなかから在学中、学力・人物ともに優れ、学術・文化・社会活動に顕著な成果をあげた学生を各学部から1名を表彰。受賞者の選考は、各学部長主催の教授会で討議され、学長より当倶楽部会長に推薦され審議の上決定される。 第30回南甲倶楽部賞受賞者(敬称略) 法学部法律学科 高橋 毬子 経済学部公共・環境経済学科 遠藤 若菜 商学部会計学科 妹尾 直季 理工学部都市環境学科 諸岡 雅樹 文学部人文社会学科 高橋 琴乃 総合政策学部政策科学科 中西 祥子

6.IMG_0121

6名の受賞者

 

会員交流委員会 観劇会

会員交流委員会
観劇会  3月5日(土)
新派公演『遊女夕霧』『寺田屋お登勢』に参加して

3月5日、国立劇場において、久しぶりに「新派公演の観劇会」が催され、参加者は30名でした。歌舞伎の花形-中村獅童・市川月乃助を迎えて、日本人の心を情感豊かに描く「新派」の国立劇場での15年ぶりの上演でした。

そもそも「新派」は、1888(明冶21)年に誕生し、人間の哀歓を情緒豊かに描き、日本人の美しい心を謳い上げる演劇。国立劇場での公演は15年ぶりであり、今回の2作品は、新派のリーダーであった名優のために書き下ろされたもの。『遊女夕霧』(川口松太郎作)は、大正・昭和前期の新派を代表する名優(名女方)花柳章太郎(1894-1965)の代表作『花柳十種』のうちの一つで,主人公「夕霧」は、花柳から初代水谷八重子(1905-79)を経て波乃久里子に継承された。

気立てがよくて情けの深い吉原の遊女「夕霧」(波乃久里子)が、自分のために罪を犯した馴染み客の「与乃助」(市川月乃助)を助けようと奔走する。その健気な姿と遊女の悲哀が切なく描かれており涙を誘われました。

『寺田屋お登勢』(榎本滋民作)は、花柳章太郎とともに新派を支える大黒柱として活躍し、花柳歿後の新派を牽引して新派の伝統である女方芸を継承した名女優・初代水谷八重子の代表作『八重子十種』のうちの一つで、主人公「お登勢」(実在した人物)は初代水谷八重子から当代水谷八重子に継承された。

幕末の動乱期を舞台に、伏見の船宿「寺田屋」の女将「お登勢」(当代水谷八重子)が元・土佐藩士の「坂本龍馬」(中村獅童)に対して抱く心の動きが、きめ細かく描かれています。実質的に寺田屋を切り盛りする美しくも気丈な女将・お登勢は、自由奔放でありながらしっかりと日本の将来の方向性を明確に語る龍馬の魅力に次第に心が惹かれ、恋心を抱くようになるが、寺田屋事件で生き延びた龍馬も京都で暗殺されたことを知り驚愕し、悲嘆の中で、虚脱した声でおもむろに「よさこい節」を口ずさむ。龍馬は本当に手の届かないところに行ってしまった。やはり自分は舫い放しの三十石船、水の流れを見て暮らす川端柳……。お登勢は恋しい男を思って号泣する。名演技に感涙しました。

最後に、たいへん良い席や幕間の食事の手配などをしていただきました事務室の方たちに心より感謝いたします。次回もぜひ、参加したいと思います。

(常任監事 小林 公司)

3.観劇会

製造部会 第24回活動報告

製造部会  第24回活動報告  2月25日(木)
ワーカーズ倶楽部神田

「朝活会」開催
演題「現代企業はどう変革すべきか -ダイナミック・ケイパビリティとは-」

講師 千歳
日立製作所 情報・通信システム社

南甲倶楽部製造部会の仲間から、「博士」が出ました!
南甲倶楽部がその設立に深くかかわった中央大学ビジネススクールからの卒業生です。

彼の初講義はぜひ南甲倶楽部向けに開催させたいという思いと、製造部会として何か新しいことに取り組んでみようとの考えから、今回の企画「朝活会」を2月25日、ワーカーズ倶楽部神田にて開催しました。

新たな試みは、次の通りです。

南甲倶楽部会員の多くは、「現役の経済人」が中心であり、夕方早い時間の行事には参加しづらいのではないか。むしろ始業前のほうが時間の融通が利くのではという思惑から、

①朝7時15分から開催

②途中退室可

③通勤に便利な都心 (今回は神田駅そば)開催

④参加者による質疑応答時間の充実

以上を前提としました。

講義内容については、若手経営者が増えてきたことを踏まえ、千歳講師の博士論文でのテーマである企業経営戦略を採り上げました。

企画時点では、5~6名でのひそやかな開催を目論んでいましたが、当日は20名余の方々に参加いただき、予想以上に注目された企画であったと感じています。

演題は、「現代企業はどう変革すべきか-ダイナミック・ケイパビリティとは-」です。

講師である千歳博士が博士号取得に至った経緯や母校への思い、ビジネススクールで学ぶ意義等々講義のイントロダクションだけでも興味がつきないものでしたが、講義内容も世界の潮流や日本での出来事を時系列に、また企業戦略の変遷を実際の企業の事例とともに平易に説明していただきました。

また、講義後の質疑においても、我々受講者側が思いつくレベルの質問については学究されており、系統的に「学ぶ」ということの価値を肌身で感じられる貴重な機会となりました。

参加された方々とともに、今回の講師を務められた千歳学氏に、改めて感謝申しあげます。

余談ですが、有能な人材は世界に羽撃くようです。千歳氏は、春より勤務地が上海になるとの由。南甲倶楽部の一員として、彼のますますの活躍を祈念してやみません。

(製造部会 清田 英之)

■講師紹介
千歳 学(ちとせ まなぶ)
株式会社日立製作所情報・通信システム社

平成10年 中央大学経済学部経済学科卒
日立製作所入社
平成20年 同大学院戦略経営研究科戦略経営専攻入学
平成21年 南甲倶楽部入会
平成22年 同 修了(経営修士MBA)
同大学院戦略経営研究科ビジネス科学専攻入学
平成26年 南甲倶楽部製造部会委嘱
平成27年 同 修了(博士DBA)

1.朝活会2.朝活会